お勧めリンクお問い合わせサイトトップ
当サイトについて
当サイトでは管理人が独自に情報収集したSEOに関する情報をご紹介しています。なるべく正確な情報提供を心がけておりますが、不適切な表現や誤った事柄を紹介している場合がありますので予めご了承下さい。
ご利用について
当サイトでご紹介するSEOに関する情報をご利用の際は全て自己責任でお願い致します。
リンクについて
当サイトはリンクフリーとなっております。バナーはご自由にお使い頂いてかまいませんが、アダルトサイト又はマルチ商法関連サイトからのリンクはお断りしておりますので予めご了承下さい。
バナー画像
初心者でも分かるSEO・バナー画像

不適切なSEO行為

残念ながらSEOは検索エンジンを最適化する目的で自らのサイトの質を向上するために行う行為のことですがそれを逆手にとり検索エンジンロボットを騙す行為つまりスパムとして利用する人も増えてきています。中にはスパムを知らずにこうしたら検索エンジンで上位に表示されるのでは?と独学でちょっとずれた解釈をしている方もいるかも知れません。SEOは当サイトもオススメするアクセスアップの手段ですが、やりすぎるとスパムに発展することをお忘れなく!ではどういったSEOがスパムとして受取られてしまうのか、ここではSEOスパムの種類についてご紹介します。

文章にキーワードを含める

あれ?と思った方もいらっしゃるでしょう。そうです。このスパム行為は「SEOを実践しよう」で紹介した正しいSEOの具体例です。ではなぜ文章中にキーワードを含むことがスパムとなってしまうのか。それは隠しテキストや隠しリンクによる不適切な行為があるからです。「SEOを実践しよう」でも紹介したとおり、隠しテキストというのは背景色とほぼ同色にする行為。こうした行為は不正にキーワードのパーセンテージを高め、キーワード数などを最も適切な量へと不正に引き上げる行為です。リンクも同じで見えない色で設置してしまえばそれはスパムと判断されます。また、読み取れないほどの小さな文章や文字列を目にしたことはありませんか?これもまた隠しテキスト同様、隠していない隠しテキストみたいなものです。説明は省きますね。文章中にキーワードを不適切に入れるSEOスパムと同じく、見えないほどの小さな画像に「Alt」を応用しキーワードを含めるのもダメですよ(^^;)

上級者が行うスパム行為

上記で紹介した文章中に不適切なキーワードを含めSEOスパムとなる例はほんの一例です。どんな業界にも悪徳な業者っていますよね。そんな方々が実践する検索エンジンにスパムと受取られる行為をご紹介します。ちょっと専門的な分野になるので苦手な方は苦手かも(^^;)悪徳業者が使うSEOスパムとして有名なのがクローキングといわれる手段です。検索エンジンロボットが見るサイトと人間が見るサイトで別々なものを作り、一つのサイトに見せかけ検索エンジンロボットがサイトを見たときにだけSEOを施したサイトを表示させるようにします。こうすることによって確かにサイトは検索エンジンで上位表示されるでしょうが、中身の薄いサイトとなってしまうでしょう。他にもクローキングと類似した方法はいくつかあり、中には人間には見えるが検索エンジンロボットには見えない細工をし、不正なSEOを行っている場合もあります。業者にSEOを依頼する際は、美味しい話ばかりではなく適切な技術を持っているのか見極める必要があります。

Copyright © 2009 初心者でも分かるSEO All Rights Reserved.